K-POP GIRLS ときどき BIGBANG、K-HIPHOP

2NE1、missA、f(x) などガールズグループを中心とした K-POP に関する考察、雑感など。ときどき BIGBANG などのボーイズグループや K-HIPHOP について、その他個人的に気になっていることなどを気ままに綴っています。
MENU

2017年6月 K-Pop & K-HipHop MY BEST ②

0


right here


七夕である本日、
パク・ジェボムがシングル "LOVE MY LIFE" リリースしました♪
夏らしくスカッと爽やか〜〜
feat. に H1GHER MUSIC に合流した pH-1 を迎えての
仲良し和気藹々ムードに胸が高鳴ります😀


https://youtu.be/ItOOoCzKtbo


最近ハードな楽曲の続いたジェボム様、
個人的にはもう少しやわらかめの楽曲が好みなので
久々のカジュアルで楽しげな姿(っても音だけですが)が
とにかくうれしいーー💕


彼は現在しょみどに出演中で
一週間前にも
番組でコンビを組む Dok2 との
コラボシングル "니가 싫어하는 노래 (MOST HATED)" 出してましたねー。
今年もリリース量すごいことになりそう











それでは
6月の MY BEST の続きですーー。













Punchnello "imwaitingrighthere"





しょみどで
何ともフレッシュでキュートな魅力を振りまいていたパンチネロ。

SoundCloud で公開されたこの曲、
Club Eskimo 仲間の DEAN『limbo』を思わせる
ムーディなピアノがロマンティックで引き込まれます♡

こういう
スローな楽曲にしっくりくる
抑え気味だけども情感のあるフロウが素敵ーー。

若々しく爽快なイメージの彼ですが
一つの同じパターンではなく
色んな雰囲気のラップができるのが
強みでもありますよねー。
しょみどでの活躍が楽しみだ


そしてこの曲、
最後の方には
ウィノナ・ライダー&イーサン・ホーク主演の
『リアリティ・バイツ』のセリフが!













SamuelSeo, QimIsle『Elbow』





SamuelSeoQimIsle のコラボEP『Elbow』のリリース、
本当にうれしかったです♫
(それにしても人を喰ったタイトルとジャケット

ソ・サミュエルは順当にリリース続いていましたが
キム・アイルは1年前に出たシングル "Somethin' New" 以降
とくに何の音沙汰もなく気になっていたのです。。


タイトル曲は "Mango" で
上記の不穏な MV もシュールで味わい深いものがありますが
個人的にはキム・アイル独特の
ファンキーなラップがたまらない3曲目の "Monk" と
ちょい切ない5曲目の "팔꿈치 (肘)" がお気に入りです💋





ソ・サミュエルのセクシーなボーカルも素敵ですー♢












히피는집시였다『나무 (木)』

WaviSabiRoom の Jflow と シンガー Sep から成る
히피는집시였다 ヒッピーはジプシーだった」、
昨年末に出た EP『섬 (島)』のみの
限定ユニットだと勝手に思っていたのですが
アルバム『나무 (木)』がリリースされてビックリ!
そしてうれしい〜〜🌳


レーベルメイトである
OLNL や SOMA を feat. に迎えた楽曲や
前作『섬』に収録されていた2曲を含め全10曲の『나무』、
新たに MV が3つも作られています。


一風変わった
ソフトサイケ風アニメの "Cold" ↓




何という静謐で美しい世界・・・
もっと注目されても良いと思うのですが・・・
Jflow かなりの才人ですし
Sep の歌声の唯一無二感もすごい!
(声楽っぽさもありつつアジア的幽玄さ、神秘感を湛えている



Jflow は SOMA のリミックス "Midnight In Paris" も
隙間感のある音が素敵でした
















G-Dragon『권지용 Kwon Ji Yong』


ジヨンのソロ、
タイトル曲 "무제 無題" ヒットして良かったーー。
急遽タイトル曲変更になり
MVも大慌てで作ったり大変だっただろうに
やはりさすがですね


ただ
個人的にバラードがあまり好きではないので
今回の EP では
"無題" 以外の楽曲が好きでした。
(淋しげだったり
 強がってたりする曲ばかりな気が・・・)





ジヨンも
色んな歌い方、声の出し方が出来るし
器用だしダンスも上手いし
とにかく
とてつもなくセンスの良い人なので
逆に地道な努力や
誰でも感じる疎外感のようなものが
ファンを含め第三者からは見えにくいのが
彼の損してる部分かもしれませんね。。
(何でもさらっとこなせそうと思っちゃうもんなぁ)

でも
そういう弱さや悩み(?)も
結局こうして曲として昇華できるんだから
やはり損はしてないのかも。。













jeebanoff "Right here. (feat. Rickbridges)"





jeebanoff 待望のリリース♫
独特の体温低そうな
アーバン感がたまりませぬーー

サビの「right here」の高音シャウト(?)にも
グッと来るものがあります



feat. の Rickbridges
何か見覚えある名前と思ったら
昨年の deepshower "wavy" に feat. していた方でした。
(割と熱量を感じるラップ、少しラフな感じもありoh yeah!(?))





彼自身の楽曲も
オリエンタルなバックトラックだったり
独特で面白いーー。






deepshower のシングル "You" には
jeebanoff feat. してましたし




この辺仲良いんでしょうねー。
でも deepshower と Rickbridges
house on mars のメンバーなのかはよく分からず。。



こういうライトな R&B、
(新世代シティポップっぽくもある)
クールかつ程よくグルーヴィーで夏にピッタリ
jeebanoff の曲も一曲だけじゃなくて
もっともっと聴きたいなぁーー。












7月は
れっべるちゃんと ZICO ソロが
とにかく楽しみ
どっちもすでに CD 予約しているのです!!








関連記事
スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。