K-POP GIRLS ときどき BIGBANG、K-HIPHOP

2NE1、missA、f(x) などガールズグループを中心とした K-POP に関する考察、雑感など。ときどき BIGBANG などのボーイズグループや K-HIPHOP について、その他個人的に気になっていることなどを気ままに綴っています。
MENU

2016年6月 韓国音楽 MY BEST その2

0



EXID lie



昨日久しぶりに
タワレコの実店舗に寄ってみたところ、
Kぽコーナーでは
EXO に 少女時代テヨンとティファニーのソロ、
f(x) ルナのソロなどが大きく展開されていて
SM花ざかり状態・・・
YG、JYP贔屓としては少し肩身が狭かったデス。(?)


bounce の tofubeats の連載で
Kぽが紹介されているとの情報を得て
入手するためのタワー来訪だったので
早速確認してみると・・・
こちらも f(x) 『4Walls』、ルナのソロ、
SHINee テミンのソロとSM祭りでございました

そんな中、DEAN『130 mood : TRBL』も
取り上げられてたのがうれしかったです♡
(個人的には2016年上半期を代表する名盤だと思ってます♫)












それでは6月のベストの続きですー。 ↓













EXID "L.I.E"





ウェス・アンダーソン『グランド・ブタペスト・ホテル』を
モチーフにしたMVということだったので
とても期待していたのですが
いざ蓋を開けてみると
ホテルというシチュエーションと
ホテルスタッフに扮したメンバーたちの制服がそれっぽい(主にLE)だけで
良くも悪くも全くの別物でしたね。。


そしてこのMV、いかにも DIGIPEDI ぽいのですが
August Frogs のお仕事でした!
最近 DIGIPEDI っぽい色使い&箱庭風のMVを
他の監督(?)が盛んに作っていて
逆に DIGIPEDI 作品は従来の作風から
ガラッと雰囲気違うことが多い・・・
何だか面白い風潮だなぁ



肝心の曲ですが
デビュー時の EXID
生き生きした魅力が戻ってきた感じでうれしいーー♪

とくにハニとジョンファのパートのラフさが好きです♡
(バービー人形のようなジョンファかわいすぎ♢)


ただビートの部分が
マドンナ "Bitch I'm Madonna" にそっくりなのは
さすがにいただけないですね。。。
(個人的には T-ara "ロリポリ" イントロにも似てる気が)

シンサドンホレンイって
EXID デビュー曲でもありえないパクリやってましたけど
今回も信じられないくらいそのまんまな使い方で
本当に常人には理解しがたい
心臓に剛毛の生えた方なんだなーと
呆れるを通り越して感心してしまうくらいです
(Kぽのパクリイメージ強いのは
 彼に80%くらい責任あるのでは?)














Tiffany "Heartbreak Hotel"





「ハートブレイクホテル」とくれば
エルヴィスしか連想できませんでしたが(古すぎ!)
さすが GRAY が関わってるだけあって
なんとも味わい深い楽曲に仕上がってます♫

「ハーブレィホッテー」という
コーラスのリフレインが切ない・・・
聞いた瞬間から耳にこびりついて離れません。

SimonDominic ft.!
最近SMは意外なラッパーと組ませるの好きですね・・・
BoA と Beenzino とか
テヨンとVerbal Jint、
テヨンとDEAN とか(DEANはラッパーではないけど)。


MVティパの相手役の男、
女たらしっぽいワルな雰囲気がよく出ていて感心しきり
俳優さんかな?














Sistar "I Like That"





よっ!待ってました!!
ブラック・アイド・必勝と Sistar の組み合わせが
悪い訳などあるはずもなく♫

この2年続いてた
爽やかポップな路線は封印し
以前の "Alone" や "Give It To Me" の
哀愁艶歌路線が復活!
これはもうシスタの独断場ですもんねー。


謎の東洋風MVも
どう見ても
売春窟としか思えない設定なのに
決して安っぽくならないのはさすが♢


今回ダソムのパートが多いのうれしいですが
反面ソユパートが若干少ないような気も。。
(ヒョリンは安定のメインぶり!)


こんなにビッグな存在になっても
一切出し惜しみのない振り付けにも圧倒されます。
このブレないセクシーさがシスタの魅力の根源ですね









またしても
気力の限界につき
続きは次回にて。。









関連記事
スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。